次のリンクから、ページ内の各メニューにジャンプすることができます。

環境経営

キヤノンマーケティングジャパングループは、環境ビジョンやマネジメントシステムの整備を通じて環境経営の基盤を強化し、自社の事業活動やお客さま・社会の環境負荷低減に取り組んでいます。

環境方針

キヤノンマーケティングジャパングループは、キヤノングループの一員としてマーケティングイノベーションを継続的に行う中で、環境保全活動を通じて多くの人々から尊敬される企業を目指すとともに、以下の項目について重点的に取り組んでまいります。

キヤノンマーケティングジャパングループ環境方針

  1. 環境配慮型製品・システム・サービスの提供
    お客様に、環境に配慮した製品・システム・サービスをお届けします。
  2. 商品開発・企画の環境配慮
    商品開発・企画において、環境負荷低減と環境配慮に努めます。
  3. 汚染の防止
    有害化学物質の使用などに配慮し、地球環境の汚染防止に努めます。
  4. グリーン調達
    商品の仕入れ段階から環境対応に着目し、環境負荷の少ない製品・サービスを優先して調達します。
  5. 業務の効率化
    省資源・省エネルギー・リサイクル・効率的物流・効率的業務の推進など、業務の効率化に取り組み環境保全活動を推進します。
  6. 法令等の順守
    環境に関連して適用する法令、及び、その他同意する要求事項を守ります。
  7. 社会貢献
    国・行政の政策に協力し、また、地域社会への貢献に努めます。
  8. 情報公開
    環境配慮型商品や環境保全活動について、情報を公開します。
  9. 教育
    社員一人ひとりの環境意識を高めるため、教育・啓発を行います。
  10. 環境管理体制の確立
    環境マネジメントシステムを構築して、環境目的・目標を設定し、定期的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

この環境方針を、社員・役員に周知すると共に、一般にも公開します。

2015年03月12日
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
代表取締役社長

環境マネジメント

キヤノンシステムアンドサポート ISO14001に関して

1.認証取得企業名キヤノンマーケティングジャパングループ
2.対象規格ISO14001:2015
3.認証機関SGSジャパン株式会社
4.認証番号JP96/008114.02
5.取得年月日2007年9月3日(キヤノングループとして統合認証を取得)
6.有効期限2017年7月30日から2020年7月30日まで

キヤノンシステムアンドサポートは、キヤノングループと一体となった環境マネジメントシステム(ISO14001統合認証)を構築し、環境負荷低減に取り組んでいます。キヤノンマーケティングジャパングループ全社の目標として「自社使用エネルギーの削減」と「お客さま先のCO2削減への貢献」を2大テーマとして環境にやさしい職場・事業活動の創出に取り組んでいます。「自社使用エネルギー削減」では、電力とガソリン使用量の削減に取り組んでいます。使用電力削減ではオフィス内での不要電力削減とともに業務効率の向上により、時間外業務を削減する『カエルDAY』を推進しています。ガソリンの使用量削減については車両台数を削減するとともに安全運転、エコドライブの徹底により、事故違反の撲滅と燃料使用の削減を図っています。「お客さま先のCO2削減への貢献」においては、販売・サービ ス・サポート活動において環境配慮型商品サービスの提供によるお客さまの環境負荷低減に貢献するさまざまな取り組みを実施しています。

キヤノンS&S環境活動

お客さま先での環境負荷低減

キヤノングループの環境負荷低減活動

キヤノングループは、「つくる」「つかう」「いかす」の製品ライフサイクル全体を見据えて、 地球温暖化防止、資源の効率的な活用、有害物質の廃絶といった環境負荷低減に取り組んでいます。その中で、お客さまとの接点という重要な役割を担うキヤノンMJグループでは、独自に企画・開発する商品の環境配慮はもちろんのこと、お客さま先での製品使用時の環境負荷低減や、使用済み製品・消耗品の回収・リサイクルなどに特に重点的に取り組み、地球温暖化防止や生物多様性保全に貢献していきます。

自社グループでの環境負荷低減

★事務所でエコ

事務所でエコ 事務所でエコ

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンシステムアンドサポート(以下、キヤノンS&S)のカスタマーエンジニア(以下CE)は、キヤノン製オフィス向け複合機・プリンターなどの設置・保守などのサービス活動を担っています。今回は、サービス活動に「電動自転車」を利用しているキヤノンS&Sの取り組みをご紹介します。

首都圏・近畿圏を中心に電動自転車をサービス活動に利用

キヤノンS&Sでは、CEの移動手段として、2004年から「電動自転車」の導入を進めてきました。さらに、2006年6月に改正された道路交通法において、路上駐車の取締まりが強化されたため、自動車や三輪バイクからの切り替えを加速しました。首都圏・近畿圏を中心に、359台の電動自転車を日々のサービス活動に利用しています。

電動自転車は、自動車・三輪バイクに比べて小回りがきくため、お客さま先への訪問時間が短縮されるなど、顧客満足度の向上とサービス活動の効率化に寄与しています。また、自動車・三輪バイクからの切り替えなどにより、2013年のガソリン使用量は約16%削減、CO2排出量で約1,451トン削減(2008年比)されました。

電動自転車の弱点を、「SSカー」導入で解決

電動自転車の弱点は、お客さま対応に必要な交換パーツを運びきれない場合があることです。この課題に対して、キヤノンS&Sでは、交換パーツを積んでサービスエリアを巡回する車両「SSカー」(サービスサポートカーの略称)を導入※し、電動自転車でお客さま先に向かったCEに機動的に交換パーツを届けています。これにより、機器の復旧時間が短縮されるなど、サービス品質向上につなげています。また、交換パーツの梱包材を段ボールからリユース可能なプラスチック素材に切り替えることで積み荷をコンパクトにし、より多くの交換パーツを運べる工夫もしています。副次的な効果として、電動自転車の安定性が高まり、操作性の向上にも寄与しています。

※ 首都圏・近畿圏の一部エリア中心に導入しています。

今後もキヤノンS&Sでは、電動自転車の積極的な利用を通じて、“サービス活動とエコ活動”の両立を実践していきます。

社員の声:都内のサービス活動には「電動自転車」は欠かせません

キヤノンS&S八重洲サービスセンターでは、電動自転車を合計63台利用しています。私たちが担当する東京都千代田区や中央区では、渋滞や駐車場探しに悩まされてきましたが、電動自転車の導入により、交通事情などを気にすることなく、いち早くお客さま先を訪問し機器の修理をはじめられるなど、今まで以上にサービス活動に専念できるようになりました。 また、春と秋の「全国交通安全運動」の期間中には、東京駅周辺の交差点で、交通安全を呼びかけています。地域の一員として、交通安全活動にも積極的に参加していきます。

もっと見る

★リターナブルボックスの活動

リターナブルボックスの活動 リターナブルボックスの活動

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンシステムアンドサポート(以下、キヤノンS&S)の事業所では、回収専用箱による使用済みトナーカートリッジおよびドラム(以下、使用済消耗品)の回収を行っています。今回は、再生プラスチックを利用した回収専用箱を採用し、回収専用箱の「リターナブル(繰り返し利用)化」を進めることで、コストの削減とCO2削減や省資源化による環境負荷低減を実現したキヤノンS&Sの取り組みをご紹介します。

トナーカートリッジの回収における課題

これまで、使用済トナーカートリッジの回収には、「段ボール製」の回収専用箱が使用されていましたが使用後に廃棄されていたため、廃棄と新しい回収専用箱の購入にコストがかかり、環境にも大きな負荷をかけていました。

回収専用箱のリターナブル化

キヤノンS&Sでは、2013年8月より使用済みトナーカートリッジの回収を段ボール箱から、繰り返し利用可能なリターナブル回収専用箱へ切り替えました。

このリターナブル回収専用箱は、一部に回収したインクジェットプリンター消耗品の再生材を使用しており、回収専用箱自体も環境面に配慮しています。

リターナブル回収専用箱の導入効果

キヤノンS&Sでは、全国約200の営業所でリターナブル回収専用箱を導入した結果、年間約6千箱の段ボールの購入・廃棄コストを削減しました。また、段ボールの廃棄により発生するCO2を約3.7t-CO2/年削減しました。

今後もキヤノンS&Sでは、リターナブル回収専用箱による環境にやさしいトナーカートリッジ回収を継続し、資源の有効利用と環境負荷低減に取り組んでいきます。

社員の声:トナーカートリッジの発送作業が短縮されました

キヤノンS&S東京支社では、毎週使用済みトナーカートリッジの発送を行っています。
今回、リターナブル回収箱に切り替えたことにより、箱の組み立てが楽になり、段ボールに比べて箱づめから発送までの時間が短縮されました。
またコンパクトに折りたためるので以前に比べ保管スペースが少なくなり、スペースが有効に利用できるという効果も生まれています。
今後もリターナブル回収専用箱を継続して活用し、環境にやさしい事業所を目指します。

もっと見る

★修理ユニットの利用

リターナブルボックスの活動 リターナブルボックスの活動

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンシステムアンドサポートでは、複合機やプリンターなどの本体やそれらの部品の修理を全国3か所のテクニカルリペアセンター(以下、TRC)で行っています。
今回は、TRC 寝屋川事業所が行っている部品リユースの取り組みをご紹介します。

部品リユースと修理ユニットの提供

TRC寝屋川では、2013年より、お客さま先で交換した使用済みの部品を、手作業で丁寧に修理し、新品と変わらない品質でリユースしています。そして、その部品をユニット化※してカスタマーエンジニア(以下、CE)に「修理ユニット」として提供しています。

TRC寝屋川では、「修理ユニット」の提供数を積極的に拡大しています。2015 年には提供数が、1万3千台を超え、事業を開始した2013年の2倍以上になりました。

※ あらかじめ複数の部品を組み立てた状態

「修理ユニット」の効果

CEが「修理ユニット」を利用して修理を行う事により下記のような効果があります。

・部品をリユースするので、部品の廃棄量が削減できる
・新品の部品と比べて、コストダウンが図れる
・部品がユニット化されているので、お客さま先の修理時間を削減できる

テクニカルリペアセンター 寝屋川事業所は、「Our service is number one in Japan」を目指し、品質のよい修理ユニットを提供し続けることで、今後も環境面、コスト面に配慮したサービス品質の向上に貢献していきます。

社員の声:サービス品質を向上できました

今までは、お客さま先で、部品を一つ一つ交換することで、修理時間が長くなり、お客さまにご迷惑をお掛けすることがよくありました。この「修理ユニット」を使う事で、作業時間を大幅に短縮することができ、サービス品質を向上できたと感じています。 また、これまでは、交換した使用済み部品を廃棄していましたが、廃棄の必要もなくなり、環境負荷軽減を実感することで、私自身の「環境」への意識も向上しました!

寝屋川事業所で作っている「修理ユニット」は、品質も大変優れており、見た目も新品以上で、安心して使うことができます。これからも『修理ユニット』を使って、お客さまに品質の高いサービス活動を提供していきます。

もっと見る

自治体エコ認定制度への取り組み

事務所応募自治体名称認定日
長野営業所長野市ながのエコ・サークル・シルバー2014年9月30日
九州支社福岡市福岡県エコ事業所2015年3月18日
福井営業所福井県廃棄物減量化宣言事務所2015年4月3日
四国支社高松市高松市地球にやさしいオフィス2015年4月21日
立川サービスセンター立川市立川市ごみ処理優良事業所2015年5月15日
東北支社仙台市仙台エコにこオフィス2015年6月12日
キヤノンMJ/キヤノンS&S
新潟営業所
新潟市3Rパートナーカンパニー2015年7月12日
中部支社名古屋市エコ事業所認定制度2015年7月30日
京都中央営業所京都市エコ京都21  エコスタイル部門2015年9月25日
京都南営業所京都市エコ京都21  エコスタイル部門2015年9月25日
福知山サービスセンター京都市エコ京都21  エコスタイル部門2015年9月25日
青森営業所青森市あおもりECOにこオフィス・ショップ2015年11月
むつ営業所青森市あおもりECOにこオフィス・ショップ2015年11月
八戸営業所青森市あおもりECOにこオフィス・ショップ2015年11月
弘前営業所青森市あおもりECOにこオフィス・ショップ2015年12月
十和田営業所青森市あおもりECOにこオフィス・ショップ2015年12月
大阪北営業所大阪府関西エコオフィス宣言2015年12月14日
淀川営業所大阪府関西エコオフィス宣言2015年12月14日
京阪営業所大阪府関西エコオフィス宣言2015年12月14日
大阪南営業所大阪府関西エコオフィス宣言2015年12月14日
大阪中央営業所大阪府関西エコオフィス宣言2015年12月14日
堺営業所大阪府関西エコオフィス宣言2015年12月14日
東大阪営業所大阪府関西エコオフィス宣言2015年12月14日
大阪本町事業所大阪府関西エコオフィス宣言2015年12月14日
近畿支社大阪府関西エコオフィス宣言2015年12月14日
テクニカルリペアセンター寝屋川大阪府関西エコオフィス宣言2015年12月14日
田辺営業所和歌山県関西エコオフィス宣言2015年12月14日
和歌山営業所和歌山県関西エコオフィス宣言2015年12月14日
京都南営業所京都府関西エコオフィス宣言2015年12月14日
京都中央営業所京都府関西エコオフィス宣言2015年12月14日
福知山サービスセンター京都府関西エコオフィス宣言2015年12月14日
彦根営業所滋賀県関西エコオフィス宣言2015年12月14日
滋賀営業所滋賀山県関西エコオフィス宣言2015年12月14日
尼崎営業所兵庫県関西エコオフィス宣言2015年12月14日
神戸営業所兵庫県関西エコオフィス宣言2015年12月14日
明石営業所兵庫県関西エコオフィス宣言2015年12月14日
姫路営業所兵庫県関西エコオフィス宣言2015年12月14日
徳島営業所徳島県関西エコオフィス宣言2015年12月16日
奈良営業所奈良県奈良県省エネECOチャレンジ2015年12月15日
北海道支社札幌市さっぽろエコメンバー2015年12月18日
札幌営業所札幌市さっぽろエコメンバー2015年12月18日
大分営業所大分県ごみゼロ隊2015年12月18日
別府サービスセンター大分県ごみゼロ隊2015年12月18日
鹿児島営業所鹿児島県「CO2ダイエット作戦」2015年12月24日
旭川営業所北海道「北海道グリーン・ビズ」2016年1月6日
釧路営業所北海道「北海道グリーン・ビズ」2016年1月6日
北見営業所北海道「北海道グリーン・ビズ」2016年1月6日
帯広営業所北海道「北海道グリーン・ビズ」2016年1月6日
苫小牧営業所北海道「北海道グリーン・ビズ」2016年1月6日
函館営業所北海道「北海道グリーン・ビズ」2016年1月6日
小樽サービスセンター北海道「北海道グリーン・ビズ」2016年1月6日
高崎営業所群馬県群馬環境スタンダード認定制度2016年1月21日
熊本営業所熊本県「グリーン宣言事業所」2016年1月20日
中国支社広島市「広島エコ事業所」2016年3月7日
世田谷サービスセンター世田谷区せたがやエコライフ推進事業所宣言2016年3月14日
長野営業所長野市ながのエコ・サークルゴールドランク2016年3月23日
名古屋西サービスセンター名古屋市エコ事業所認定制度2016年3月30日
名古屋東サービスセンター名古屋市エコ事業所認定制度2016年3月30日
名古屋パーツストックデポ名古屋市エコ事業所認定制度2016年3月30日
長野営業所長野県信州省エネパートナー2016年4月13日
上田サービスセンター長野県信州省エネパートナー2016年4月13日
松本営業所長野県信州省エネパートナー2016年4月13日
盛岡営業所岩手県いわて地球環境にやさしい事業所2016年4月28日
キヤノンMJ/キヤノンS&S
新潟営業所
新潟市3Rトップカンパニー2016年4月
水戸営業所茨城県茨城エコ事業所2016年6月30日
つくば営業所茨城県茨城エコ事業所2016年6月30日
取手営業所茨城県茨城エコ事業所2016年6月30日
日立営業所茨城県茨城エコ事業所2016年6月30日
鹿島サービスセンター茨城県茨城エコ事業所2016年6月30日
町田営業所町田市まちだエコ事業所2016年10月12日
神奈川支社横浜市3R夢パートナー2016年11月2日
上大岡営業所横浜市3R夢パートナー2016年11月2日
新横浜営業所横浜市3R夢パートナー2016年11月2日
神奈川支社神奈川県マイエコ10宣言2017年3月3日
上大岡営業所神奈川県マイエコ10宣言2017年3月3日
新横浜営業所神奈川県マイエコ10宣言2017年3月3日
川崎営業所神奈川県マイエコ10宣言2017年3月3日
藤沢営業所神奈川県マイエコ10宣言2017年3月3日
厚木営業所神奈川県マイエコ10宣言2017年3月3日
平塚サービスセンター神奈川県マイエコ10宣言2017年3月3日
小田原サービスセンター神奈川県マイエコ10宣言2017年3月3日
岐阜営業所岐阜県ぎふエコ宣言2017年3月13日
多治見サービスセンター岐阜県ぎふエコ宣言2017年3月13日
太田営業所群馬県群馬環境スタンダード認定制度2017年7月20日
岡山営業所岡山市岡山市グリーンカンパニー活動2017年9月22日
下関営業所山口県ぶちエコやまぐち宣言書2017年10月
周南営業所山口県ぶちエコやまぐち宣言書2017年10月
山口営業所山口県ぶちエコやまぐち宣言書2017年10月
宇都宮営業所栃木県エコキーパー事業所認定制度2017年12月1日
小山営業所栃木県エコキーパー事業所認定制度2017年12月1日

Page
Top

Canon System and Support