次のリンクから、ページ内の各メニューにジャンプすることができます。

ICカード認証関連商品

FeliCaやMifare等の ICカードを利用し複合機のユーザー認証を簡単に行うためのソフトウエアです。
ユーザー認証を行うことで、個人ごとの利用枚数集計や印刷データを他の人に見られることなくプリントすることが可能になります。

機密文書、複合機に出しっ放しになっていませんか?

近年、複合機の利用用途はコピーからプリントの割合が増えてきました。
そこで問題になっているのが「放置プリント」です。
複合機にプリントアウトされた書類が取りに来られず残っている、なんてことはありませんか?
環境の面からも、情報の保護の面からも、複合機の放置プリントを防止することが重要です。
MEAP ADVANCE セキュリティパックでは、PCから印刷をしたデータを複合機の内部にため、ICカードをかざしてから出力することで、放置プリントを防止します。

複合機の周りをチェックしてみましょう!

複合機での「放置プリント」の無駄と情報漏えいの危険が潜んでいます。

人事・総務をご担当されているみなさま

人事異動の時期や労務関係の書類は、社員が帰った後に印刷したりと気を使われている方も多いのでは?

ICカードを利用したプリントの流れ

STEP1

PCから印刷処理を行います。印刷した後に「あ、間違えた!」と気づいても大丈夫。
まだこの時点では複合機からプリントはされません。印刷したいものを送りなおしてから、複合機の前に取りに行きましょう。

STEP2

複合機を使用するには、ICカードをタッチします。セキュリティパックでは、Suicaやおさいふケータイに使われているFeliCaを使用できます。

Step3

自分が印刷した文書だけが一覧で表示されます。間違いプリントはこの画面で消去。
本当に必要なものだけをプリントします。

レーザープリンターでの認証プリント

Satera LBP 9650CiではICカードをかざして認証プリントを行うことが可能です。MEAP ADVANCEセキュリティパックを導入した複合機と合わせて一元管理を行うことが可能です。

プリンターに関してはSateraLBPページへ

複合機の利用状況の管理

本ソフトウエアを利用して複合機利用時に認証を行うと、imageWARE Accounting Managerを利用してユーザーごとの利用枚数の管理が可能になります。
コピー・プリントの枚数を集計し、複合機のタッチパネルへ枚数表示をすることで無駄な印刷をしないように心理的な抑止効果が期待できます。

関連製品:imageWARE Accounting Managerのページへ

関連ソリューション

  • ドキュメントソリューション
資料請求・詳細情報・お見積もり
お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お問い合わせは土・日・祝日および年末年始を除く弊社営業日・営業時間内で対応させていただいております。なお、お問い合わせ内容によってはご回答にお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

Page
Top

Canon System and Support