次のリンクから、ページ内の各メニューにジャンプすることができます。

帳票OCR ファイルネーミング

帳票OCR ファイルネーミングは、複合機などのスキャナーから読み込んだ書類の特定の位置に書かれている文字のOCR認識結果をファイル名に付けてPDFファイルや画像ファイルに保存することができるソフトウエアです。
お客さまが後にその書類を探す時に利用されている項目をファイル名に付けておくことでPCの検索機能を使って簡単に探し出すことができるようになります。
※パナソニック ソリューションテクノロジー(株)製

自動的に検索で利用できる文字列をファイル名に付けられる

帳票をスキャンして電子データとして管理する際、自動的に指定された場所に記載されている番号等の情報がファイル名につけば検索も簡単になるのに、と思ったことありませんか?
複合機からスキャンする場合、ファイル名は日付と時刻の数字が並ぶだけですので、PCで入力し直さないとファイル名としてつけることはできません。
帳票OCRファイルネーミングでは、帳票の特定の位置に書かれた文字列をOCRし、ファイル名に付与して保存することが可能です。
大量の帳票を一度にスキャンし処理ができますので、電子データでの管理がスピードアップします。

スキャンの流れ

複合機からイメージデータでスキャンし、PCにインストールした帳票OCR ファイルネーミングを利用し 処理を行います。
保存する際のファイル形式は、PDF(画像、高圧縮、透明テキスト付き)、画像(JPEG、BMP、TIFF)を選択できます。
認識結果を画面上で確認し、誤認識は修正してからデータの保存が可能です。

1.書類をスキャンします

1.図面をスキャンします

2-1.PCで文字認識させます

2-1.PCで文字認識させます

2-2.処理実行します

2-2.処理実行します

3.認識結果を確認します

3.認識結果を確認します

4.保存します

4.保存します

ファイル名をつけたデータを検索するには?

電子化したデータを見やすく管理するには、imageWARE Desktopを利用するのがおすすめです。
ファイルをひとつひとつ開かなくても、選択するだけで大きなプレビュー画面でファイルの中身を確認できます。
また、検索パネルを利用してたくさんある文書の中から特定の名前のファイルだけを探し出すことが可能です。

▼大きなプレビュー画面

名前を付けて保存したファイルは、選択するだけで大きなプレビュー画面で中身が表示でき、探すのが簡単になります。

▼検索パネルで絞り込み

検索する際は、「検索パネル」をワンボタンで表示!
条件を5つまで指定でき、複数のキーワードを入れて絞り込むことが可能です。

現在管理している紙文書を電子化して効率的に管理したいというご要望がありましたら、弊社までお問い合わせください。

関連商品:imageWARE Dektop

関連ソリューション

  • ドキュメントソリューション
資料請求・詳細情報・お見積もり
お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お問い合わせは土・日・祝日および年末年始を除く弊社営業日・営業時間内で対応させていただいております。なお、お問い合わせ内容によってはご回答にお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

Page
Top

Canon System and Support