キヤノンシステムアンドサポート株式会社

保育園の入退園管理で大切なお子さまをガード、保護者の皆さまに安心・安全を提供

事業内容保育園
従業員数300~999名

01背景・概要

保育園を運営している社会福祉法人の事例。お客さまは保育士不足の悩みを抱え、特に朝と夕方の登園・退園のタイミングは、業務が重なり手薄となることがありました。それまで入園の際は、保護者がチャイムを鳴らすと保育士がドアを開けに行くという運用で忙しい時間帯に保育士の負荷となっており、門前で待たせてしまうことで保護者にストレスを感じさせてしまっていました。また、チャイムを鳴らした人が保護者かどうかの判断が難しく、保護者から防犯強化の要望を受けることもありました。

そんな時、保育士がドア開け業務から解放されること、専門の担当者を立てられないため運用が簡単なこと、さらには入退園の管理ができるようになることが決め手となり、ICカードによる「セキュリティ入退出管理」を導入。

その結果、入退園時の保育士の負荷と、保護者のストレスが軽減され、さらに導入済みのネットワークカメラと合わせた運用により防犯面で保護者から高い評価を受けました。この防犯の取り組みは対外的なPRにも役立てられています。

02課題と効果

【導入前の課題】

  1. 朝夕の忙しい時間帯に保育士の業務負荷を軽減し本業に専念させたかった。
  2. 門前で保護者を待たせてしまうストレスを軽減したかった。
  3. 保護者から侵入者の対策を求められていた。

【導入後の効果】

  1. ICカードによる入園管理ができるようになった。
  2. 保育士のドアの鍵開けが不要になり、門前で保護者を待たせることがなくなった。
  3. 防犯面で保護者の高い評価を受けた。

03選定ポイント

  1. 保育士がドア開け業務から解放されること。
  2. 入退園の情報を記録し、管理することが可能。
  3. ICカードへの情報の登録や、記録(ログ)管理が容易。
資料請求・詳細情報・お見積もり
お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お問い合わせは土・日・祝日および年末年始を除く弊社営業日・営業時間内で対応させていただいております。なお、お問い合わせ内容によってはご回答にお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。