次のリンクから、ページ内の各メニューにジャンプすることができます。

キヤノンシステムアンドサポート株式会社

「経過措置」に対応するために、会計システムに必要な機能とは?

10月に「消費税増税・軽減税率」が開始されると同時に、特別措置として「経過措置」が設けられます。「経過措置」の対象となる契約では必ず「旧消費税8%」を適用しなければなりません。
現在の契約を見直し、正しく運用できるように準備を進めましょう。

「経過措置」対象品目を取り扱う時の注意点

例1) 従業員の、10月1日以降の通勤定期券の購入日が、10月1日の前後どちらか。
→交通費の税率は、10月1日を境に8%から10%に変更されます。
購入日が9月30日以前の場合、10月1日以降分も消費税率8%が適用されます。
例2) 10月1日以降に引き渡しが行われる契約の締結日が、2019年4月1日の前後どちらか。
→3月31日までに契約を締結し、10月1日以降引き渡しの案件は消費税率8%です。
工事の他に、ソフトウエア開発なども含まれます。

他にも、「経過措置」が適用される電気料金などの消費税率に注意が必要です。

※詳しくはこちら
消費税等に関する経過措置について(PDF形式:国税庁)

「会計システム」に必要な機能

▪「経過措置」に該当する品目を仕分けられる機能
→ 該当の品目は、10月1日以降も旧税率で計上しなければなりません。
▪伝票日付による税率の自動判別機能
→ 「経過措置」該当品目は、日付に応じて消費税率を変更する必要があります。
▪消費税率の変更機能(経過措置が適用される旧8%、軽減税率8%、10%)
→ 旧消費税率8%と軽減税率8%は、消費税率と地方消費税率の内訳が異なるため、区別する必要があります。
▪消費税申告書の新様式に対応ができる機能

その他、税率チェック機能があると、税率ごとに明細を抽出することで、ミスがないか確認できて便利です。

キヤノンS&S取り扱い製品

メーカー 会計システム
オンプレミス版
会計システム
クラウド版
OBC 勘定奉行 など 勘定奉行クラウド
PCA PCA会計DX など PCA会計DXクラウド
応研 大蔵大臣 など 大蔵大臣NXクラウド
SuperStream SuperStream NX SuperStream NX Cloud

※各メーカーともに「消費税増税の経過措置」対応プログラムの用意がございますが、詳細な機能につきましては差異がございます。
機能につきましては、キヤノンS&S担当営業にお問い合わせください。

「経過措置」は多くの企業で影響があります。
対象品目を洗い出し、どの税率が適用されるか仕訳してみましょう。
また、ご利用中の会計システムが「経過措置」に対応可能かどうか
あらかじめ確認をしてみましょう。
システムのお問い合わせは、ぜひキヤノンS&Sへ!

資料請求・詳細情報・お見積もり
メールでのお問い合わせ

お問い合わせは土・日・祝日および年末年始を除く弊社営業日・営業時間内で対応させていただいております。なお、お問い合わせ内容によってはご回答にお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

Page
Top