パソコンなんでもQ&A 9月号

【Question】

Windows 10 ファイルやフォルダのアイコンに、2つの青い矢印が表示されるのですが、これは何ですか?

Windows10のパソコンを使用していると、ファイルやフォルダに見慣れないアイコン、『向き合った2つの青い矢印』が付いているのを見ることがあります。

【Answer】

Windows 10には、「ファイル/フォルダの内容を圧縮してディスク領域を節約する」という標準機能があります。データが圧縮されることで、ディスクの容量に空きスペースを作ることができる便利な機能です。
青い矢印が表示されているアイコンでは、そのファイルやフォルダが圧縮されていることを表しています。

この設定になっていると、ファイルやフォルダを開くのに時間がかかったり、アプリケーションによってはファイルを開けなくなったりすることがあります。
この圧縮機能は、下記の方法で無効・OFFにすることができます。

※圧縮機能をOFFにすると、データ容量が大きくなり、ディスク領域を節約することができなくなります。ディスクの空き容量をご確認のうえ実施してください。

1. 矢印アイコンがついたファイルまたはフォルダの上で右クリック→【プロパティ】をクリックします。

1.	矢印アイコンがついたファイルまたはフォルダの上で右クリック→【プロパティ】をクリックします。

2. 【ドキュメントのプロパティ】画面から①「全般」タブで開いた画面の②「詳細設定」ボタンをクリックします。

2.【ドキュメントのプロパティ】画面から①「全般」タブで開いた画面の②「詳細設定」ボタンをクリックします。

3. 表示された【属性の詳細】画面で、「圧縮属性または暗号化属性」の「内容を圧縮してディスク領域を節約する」に入っているチェックをクリックして消し、「OK」ボタンで終了します。青い矢印アイコンは表示されなくなります。

3.表示された【属性の詳細】画面で、「圧縮属性または暗号化属性」の「内容を圧縮してディスク領域を節約する」に入っているチェックをクリックして消し、「OK」ボタンで終了します。青い矢印アイコンは表示されなくなります。


メール配信サービス イベント情報やビジネスに役立つ情報を配信しております。

このページの先頭へ

Canon System and Support