次のリンクから、ページ内の各メニューにジャンプすることができます。

キヤノンシステムアンドサポート株式会社

メッセージ・企業理念

変化の中でこそ、お客さまの進化のお役に立ちます

私たちは、キヤノングループにおいて国内市場の最前線に立ち、キヤノンが得意とするイメージング技術とITを組み合わせたソリューションの提供により、お客さまのビジネスや事業の円滑な遂行、発展・変革の推進をお手伝いしています。

ITは今や、新しいお客さまや取引先との出会いをはじめ、スマートなサービスの提供、さらには従業員のさまざまなアイデアの活用、多様な働き方の支援など、あらゆるビジネスや業務を支える頼もしいツールであり、不可欠で重要な経営リソースになっています。

一方で、近年の急速なデジタライゼーションの波の中でITのサービスやツールも多様性を増し複雑化してきています。結果としてサービスやツールの検討、選定が容易ではなくなってきたという現状があります。

私たちには生産性向上や業務プロセスの見直し、IT活用などさまざまな変革に取り組んできた自らの経験と、多くのお客さまにご導入いただいた実績、それを実現する優れた商品を提供してくださる多様なアライアンスパートナー、そして社員の知見をつなぐネットワークがあります。私たちにお声がけいただければ、お客さまにとってお役に立つ情報や、国内市場で高評価を得ているソリューション、安心・安全な運用などを迅速にご提供いたします。

企業や組織を取り巻く事業環境、直面する市場が日々変化し続ける中でも、お客さまのビジネスや事業の進化のお役に立てるよう、私たちは変化の先を見越せる洞察力やソリューションの提供力を磨き続けてまいります。

お困りごとがございましたら、ぜひ私たちキヤノンシステムアンドサポートにご相談ください。

代表取締役社長 平賀 剛

キヤノンシステムアンドサポート株式会社
代表取締役社長 平賀 剛

キヤノングループ企業理念「共生」

キヤノンの企業理念は、『共生』です。
私たちは、この理念のもと、文化、習慣、言語、民族などの違いを問わず、すべての人類が末永く共に生き、共に働き、幸せに暮らしていける社会をめざします。
しかし、経済、資源、環境など…現在、地球上には共生を阻むさまざまな問題があります。
キヤノンは、共生に根ざした企業活動を通じて、これらを解消するため、積極的に取り組んでいきます。
真のグローバル企業には、顧客、地域社会に対してはもちろん、国や地域、地球や自然に対してもよい関係をつくり、社会的な責任を全うすることが求められます。
キヤノンは、「世界の繁栄と人類の幸福のために貢献していくこと」をめざし、共生の実現に向けて努力を続けます。

グループ行動指針 三自の精神「自発・自治・自覚」

自発:何事にも自ら進んで積極的に行う。
自治:自分自身を管理する。
自覚:自分が置かれている立場・役割・状況をよく認識する。

キヤノンシステムアンドサポート行動指針 10スピリッツ

1.フットワーク
まずは動き出そう。スタートせずにゴールはない。
動きながら考える。それがマーケティングの起点となる。

2.情報収集力
アンテナを高く広く張り、より多くの情報をキャッチしよう。
情報は多いほど、お客様の潜在的な課題に迫ることができる。

3.主体性
今、なすべきことは何なのか、常に自分に問いかけよう。
自ら考え挑んだ仕事は、人の指示でやったものより、何倍もの価値がある。

4.仮説力
好奇心と探究心をフル回転させ、あらゆる仮説を立てよう。
前例やルールにとらわれないゼロからの発想こそ、大きな成果への第一歩だ。

5.目標設定力
絶えず自らに目標を課し、到達への目印にしよう。
自分の達成したいことこそが目標であり、達成感は明日への原動力となる。

6.チームワーク
一人で抱え込むのはやめよう。私たちには強い仲間がいる。
互いの力や知恵を惜しみなく出しあい、より大きな成果につなげよう。

7.責任感
途中で投げ出さず、最後までやり切ろう。
仕事のプロは、決してお客様を裏切らない。信頼とはそうして生まれるのである。

8.ポジティブ精神
仕事は、難しいほど面白い。やるからには、楽しもう。
ワクワク・ドキドキは、壁を乗り越えるエネルギーとなり、お客様へ笑顔を運ぶ。

9.検証力
仕事の成果と評価について、真摯に振り返り、分析しよう。
客観的にとらえることで、課題や物事の本質が見えてくる。成功と失敗はともに成長の源だ。

10.誠実力
お客様に誠実であれ。自分に対し、まっとうであれ。
まっすぐな人の集まりが、仕事の真の価値を生み、誇りある企業を育ててゆく。