製造業向けソリューション|生産性の向上 試作/検証/評価にかかる時間とコストの削減

高精度な3D造形物をより効率的に作成するために、実物の立体画像が取り込める3Dスキャナーや実物の形状確認が行える多種多様な3Dプリンター。 物理モデルを素早く簡単かつ低コストで作成できます。
特に製造業において、商品の市場投入を早める支援ができ、企業競争力を高めます。

現物はあるが、図面が無い
少し手を加えて、新しいモノを造りたい

さまざまなリアル形状を簡単にデジタル3Dモデルとしてキャプチャーできます。3Dプリンターで造形する際の元データを作ることが可能です。

おすすめ製品

  • 3Dスキャナー

    3DSYSTEMS / Artec 3D

    据置きタイプ、ハンディタイプなど、活用シーンやスキャン対象物の大きさに即した最適な3Dスキャナーをご提案いたします。

提供できるソリューション

製品先行イメージとして作られたクレイモデルや、既に現物のある製品などの形状データを測定し、それをもとにCADデータを作成することにより、3Dデータ化の作業効率をUPします。

スキャン~データ編集手順例

[STEP1]Artecでスキャン [STEP2]ArtecStudioでデータ編集 [STEP3]リバースエンジニアリングソフト(GeomagicDesignX)でCADデータを編集/解析

試作に時間が掛かり過ぎている
製品開発のリードタイムを低減して、より早く製品をリリースしたい

3Dプリンターは、3DCADソフトから物理モデルを素早く、簡単かつ低コストで作成できます。特に製造業において、商品の市場投入を早めることは企業競争力を高めます。3Dプリンターで物理モデルを造形することによりQ(Quality):品質向上、C(Cost):コスト削減、D(Delivery):納期短縮 を支援します。

おすすめ製品

  • 3Dプリンター

    3DSYSTEMS / L-DEVO formlabs

    3Dプリンターはさまざまな造形方式があります。用途や目的によって、材料、精度、スピードを考慮し最適な1台をご提案いたします。

3Dプリンターでできること

トポロジー最適化技術を用いた形状の創出は製品軽量化・製造の向上・開発期間の短縮を可能にします。
開発初期段階で採用することで、構造的に意味のある形から開始することができ、材料に無駄のない製品の製造を実現します。

試作(機構確認)

可動域のある製品の動作検証・確認や、パーツのかん合の確認に利用されています。機械部品などのさまざまな試作に活用が可能です。

デザインレビュー(モックアップ)

製品を手に持った感覚を確認したり、外観のイメージや構造等の確認にも使用ができます。デザインのプレゼンテーションでも活用されています。

ソリューション導入事例

最適な3Dソフトウエアの利用

  • 設計から製造工程での手戻りを最小限にして、
    より正確に、より早く、製品をリリースしたい。
  • 製品の強度はそのままで、根拠ある軽量化を行いたい。

詳細を見る