業務ソリューション 財務・会計

企業が置かれている状況や環境が激しく変化している中、変化に迅速に対応し、売上増や経費削減など業務改善を図る上において、さまざまな角度から会計データを分析する必要があります。
私たちは、企業規模や業種、業態などお客さまのニーズに合わせて、豊富なラインナップから最適な財務会計システムをご提案します。

こんなことありませんか

  • 財務諸表だけでなく、社内独自の指標(管理会計)で会計データを分析したい
  • プロジェクトごとの案件管理や工事現場別管理など、個別で収支を計算したい
  • 他拠点や自宅など、外部から会計データの入力や参照がしたい
  • 入出金明細は銀行から取り込み、自動で仕訳ができるようにしたい
[承認ワークフロー]経費・旅費申請→承認→[EB処理]振込処理、[財務会計]仕訳伝票起票へ
[固定資産管理]固定資産/リース資産→[財務会計]仕訳伝票起票へ
[EB処理]振込処理→資金移動/入出金明細受信→[債橿?債務管理]入金管理/支払管理へ
【[債権?債務管理]入金管理→/支払管理([EB処理]入出金明細受信) [手形・ファクタリング管理]受取手形管理/支払手形管理/ファクタリング】→[財務会計]仕訳伝票起票、[資金管理]資金収支予測・管理へ
[財務会計]仕訳伝票起票→元帳管理→財務諸表→決算報告→[税務申告]税務申告、[連結決算]連結決算へ
【[財務分析]キャッシュフロー分析/経営分析 [管理会計]セグメント管理/予算管理/部門配布/実績管理/計数管理 [個別原価管理]プロジェクト別原価管理/共通費管理/労務費管理】→[電子帳票]電子データ保存法/e文書法 財務・会計システム概要図

管理会計

通常の財務諸表は作成ルールがありますが、企業独自で作成する会計情報を「管理会計」といいます。例えば、経営層が見やすいように経費を「人件費」でまとめて表示したり、営業所ごとの人数を表示することで、営業所ごとの収支を確認することができます。

財務・会計ソフトでは、「管理会計」用に科目の設定や帳票の設定ができるようになっているので、別途エクセル等で作成する手間を省くことが可能になっています。

個別原価管理

仕訳情報をもとに会計帳票やプロジェクト単位の原価管理帳票を集計することで、プロジェクトごとの案件管理や工事現場別管理など、さまざまな業態で原価管理を実現することが可能です。原価の配布も基準を入力すれば、自動で計算ができるので会社の利益管理に有効です。

経費精算

申請から支払いまで、一連の経費精算業務をシステム化することで、作業時間を大幅に短縮できます。 精算内容・金額の正確性が高まるとともに、経理作業の負担軽減による業務効率化を実現します。

電子帳簿保存

電子帳簿保存法スキャナ保存制度要件を網羅したシステムを導入することで、紙の保管スペースやコストの削減、検索スピード向上や証跡管理、セキュリティ確保など、業務効率化の実現が可能となります。