協会けんぽのマイナンバーの取り扱いについて

「申請書内にマイナンバーを付記することにより、平成29年7月からは非課税証明書等の従来必要とされていた添付書類を省略することが出来る」とご案内しましたが、7月18日よりマイナンバー制度による情報連携の開始が発表されました。

しかしながら、7月から3ヶ月程度は「試行運用期間」と定められており、この期間は情報連携結果と添付書類内容に相違がないかを確認するために、従来通り添付書類の提出が必要となります。

本年秋以降には、本格運用が開始され、次の添付書類が不要になる予定です。

マイナンバー記入により情報連携を行う申請

  • 高額療養費の申請(低所得者のみ)
  • 高額介護合算療養費の申請(低所得者のみ)
  • 基準収入額適用申請
  • 食事及び生活療養標準負担額の差額申請(低所得者のみ)
ACTUS

出典 : 「法報タイムス」
URL : http://www.romu.jp/