テレワークとは、ビデオ会議システムなどの情報通信技術を使い、場所や時間にしばられない働き方を指します。

メリット

  • 通勤が難しい障がい者の就業機会が拡大できる。
  • 育児や介護など、個々人の事情に応じながら、仕事と生活の調和を実現できる可能性がある。
  • 企業にとっても優秀な人材を確保と保持が可能になる。
  • 通勤混雑の緩和が見込める。
  • 通勤時間の削減により業務効率向上に繋がる。
  • 企業のコスト削減ができる。(出社する社員数減によるオフィスのスペースの節約。交通費・光熱費の削減)

デメリット

  • 家庭で仕事をする場合などで長時間労働につながる恐れがある。
  • 業績の評価や労働時間の把握が難しい。
  • テレワークに適した業務がない場合に採用できない。

課題

労務管理にあたり、出退勤申請を手書きやオフィスのタイムレコーダで行っている場合は他の方法を考える必要があります。
また出退勤の判断基準や有給休暇・時間外申請についてもどのようにするか決めておかなければいけません。