業務ソリューション メンタルヘルス

メンタルヘルスマネジメントのご紹介

2015年12月1日から従業員のストレスチェックが義務付けられました(※)。従業員の心身の健康は、会社の責任という流れができてきています。従業員により生産性の高い仕事を求めるには、心身の健康が重要です。会社にメンタルヘルスマネジメントの仕組みを取り入れませんか?

従業員50人以上の事業場は必須、50名未満は努力義務となっています。

こんなことありませんか

  • ストレスを感じる従業員が増え、メンタルヘルス対策が企業の課題になっている
  • 相談窓口の設置などをしているが、メンタル不調者が減っていない
  • 従業員のモチベーションを上げ、生産性を上げたい
  • 採用時にメンタルに関する適性検査を取り入れたい

ストレスチェック

「ストレスチェック」とは、ストレスに関する質問票に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる簡単な検査です。
「労働安全衛生法」という法律が改正されて、労働者が50人以上いる事業場では、2015年12月から、毎年1回、この検査を全ての労働者※に対して実施することが義務付けられました。

契約期間が1年未満の労働者や、労働時間が通常の労働者の所定労働時間の4分の3未満の短時間労働者は義務の対象外です。

採用適正検査

企業の環境変化に対応できる人材として欠かせない、「EQ能力」と「ストレス耐性」の見極めに特化した採用適性検査。
採用時にEQ能力やストレス耐性が高い人材を見極めることで、企業の環境変化に順応し、ハイパフォーマンスを発揮する人材の獲得が可能になります。