次のリンクから、ページ内の各メニューにジャンプすることができます。

キヤノンシステムアンドサポート株式会社

クラウド型IT資産管理ソフト ISM CloudOne

ISM CloudOneは、クラウド上でIT資産管理から情報漏えい対策まで行うことができます。
クラウドの仕組みを取り入れているため、サーバーレス、ロケーションフリー、かつ運用工数をかけずに、確実な端末管理とセキュリティ強化を支援します。

導入のメリット

ISM CloudOneを利用することで、各端末の管理~セキュリティ対策まで実現できます。

  • IT資産の現状把握
    ロケーションフリーで「誰が、どの端末を、どのように利用してるか」を可視化し、リスクを洗い出します。
  • 外部からのマルウエア対策
    運用工数をかけずに、ぜい弱性攻撃が狙われやすい端末の可視化から対策まで実現できます。
  • 内部不正の対策
    操作ログによる現状の可視化だけでなく、端末の利用制御もすることで企業が保有している機密情報、顧客情報などの流出を防止します。

主な機能と特長のご紹介

現状の可視化

現状の可視化を行うことで、対策すべき箇所を把握できます。

◆IT資産管理

IT資産管理

インベントリ情報(ハードウェア情報・ソフトウェア情報)を自動で収集し、端末の利用状況を一覧で管理できます。

◆ぜい弱性診断

脆弱性診断

ぜい弱性攻撃が狙われやすいソフトウエア(Windows更新プログラムやAdobe、java、ブラウザ、ウィルス対策ソフト)のぜい弱性情報を自動診断し、改善すべき箇所を教えます。


◆PC操作ログ管理

PC操作ログ管理

クライアントPCの操作をログとして管理します。
万が一問題発生した場合、早期発見や不正操作の抑止に役立ちます。

セキュリティ対策・制御

現状を可視化した上で、対策が必要な場合は、例えば下記機能を利用して対策・改善が可能です。

◆配布機能

パッチやソフトウエア、ファイル等を遠隔でクライアントPCへインストールさせることが可能です。

配布機能

◆外部デバイス制御

外部デバイス制御

外部デバイス(USBメモリーやCD/DVD、スマートデバイス等)の利用制限をかけることで、内部からのファイル持ち出しによる情報漏えいを防ぎます。

◆Windows 10更新制御

Windows 10更新制御

管理者が各クライアントPCのWindows 10アップデート設定を遠隔で設定できます。

◆ソフトウエアの利用制御

ソフトウエアの利用制御

情報漏えいのリスクがあるソフトウエアの利用制御が可能です。
利用制御したいソフトウエアは弊社がクラウド上で提供している辞書のカテゴリから簡単に選択できます。

2007年リリースから導入社数60,000社を突破!

★★ISM CloudOneが選ばれる理由とは? ★★

  • クラウド
    SaaS型のため、サーバー購入・運用の手間が一切不要です。
    また、インターネット経由で運用が完結するため、社内ネットワークの内外構わずにロケーションフリーで端末管理できます。
    (例:在宅勤務時、離れた拠点、海外端末など)
  • 管理しやすい管理画面
    対策すべき箇所をダッシュボードやグラフなどを用いてレポート化しています。
    そのため、専任の管理者でなくても直感的に管理・運用可能です。
  • 管理の運用工数をかけない仕組み
    なるべく管理者の方に運用工数をかけない仕組みを取り入れています。
    (例:ぜい弱性の自動診断やSaaSの仕組みなど)
    管理者は運用の手間をかけずにしっかりとIT資産管理~セキュリティ対策まで実施することができます。

関連ソリューション

  • セキュリティソリューション
資料請求・詳細情報・お見積もり
お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お問い合わせは土・日・祝日および年末年始を除く弊社営業日・営業時間内で対応させていただいております。なお、お問い合わせ内容によってはご回答にお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

Page
Top