職務系統紹介:アプリケーションサポート
お客さまと長く関わっていくことで、導入効果をともに実感できる。 上村 美咲 / 2015年入社

入社理由

お客さまと直接関われる仕事がしたい

学生時代、カフェでアルバイトをしていたという上村は、常連への接客にやりがいを感じていた。お客さまとの付き合いが長いほど「ありがとう」の一言が心に響いたからだという。キヤノンS&Sに興味をもったのも「お客さまと長期的に関わる点」に魅力を感じたからだ。
「この会社を選んだ理由はたくさんの取扱商品の中からお客さまに最適なものを選んでご提案できることや、導入後も機器の設置や操作説明でお客さまと接点を持ち続けることができるからです。現在は、多くのお客さまを担当しており、操作説明を通じて導入効果を肌で感じることができます。喜びを分かち合うことができるのもこの仕事の楽しさです。」

アプリケーションサポートが担当する操作説明は、お客さまのITスキルに合わせた説明が必要となるため、いかにお客さま目線で指導ができるかが重要となる。研修時代トレーナーから教わった「頼まれごとは試されごと」という言葉を胸に、お客さまの要望に対して期待以上のものを返せるよう早く正確に対応することが上村の信念だという。

現在の仕事

さまざまな知識が必要だが、自分を成長させられる

アプリケーションサポートの仕事は、営業の商談に同行しソフトウエアのデモンストレーションを行ったり、導入後のインストール・操作説明を実施する。ソフトウエアにはさまざまなものが存在し、お客さまの業界も多種多様であるため、適したサービスを提供する必要がある。
「まずは業務内容を理解するところから始まります。そのうえで、お客さまに合わせた説明を行うため、それぞれのソフトウエアの特徴や機能を覚え、お客さまの運用に合わせて操作説明をする必要があります。大変なこともありますが、お客さまから感謝されることも多いので、勉強することも苦ではありません。必要な知識は研修を受けたり、先輩に同行したりして身に付けています。」

入社3年目までに簿記やIT系など、およそ20の資格を取得した上村。操作説明という業務上必要だった資格もあるが、スムーズな業務進行やお客さまからの信頼獲得のために取得した資格もあるという。
「さまざまな資格の勉強をすることで自分を成長させられることも、アプリケーションサポートの面白さの1つです。」

仕事のやりがい

ご要望の取りまとめは、苦労もあるがやりがいも大きい

お客さまにシステムを導入する際、ご要望を取りまとめる作業には多くの苦労が伴う。それを無事に解決できたとき、上村は大きなやりがいを感じている。
「お客さまのご要望を1つのソフトウエアですべて改善することは、機能に限りもあるためなかなか難しいです。そのため導入時に実現可能なことか、それとも今後の運用によって解決していくかなど切り分けをしていかなければいけません。提案やデモを繰り返してご要望を取りまとめることに毎回苦労しています。」

一方で、お客さまへの操作説明が一通り終わり、問題なくシステムが運用されているのを見たとき、ほっとした気持ちになるという。そして、お客さまから感謝の言葉をもらったときの達成感は非常に大きい。
「今までのお付き合いの中で、お客さまとの信頼関係を構築できることも増えてきました。あるお客さまへ運用時のご提案をしたときに、『信頼できる上村さんの提案だから導入するね』といってもらえたことがありました。これからも、多くのお客さまにそう感じていただけるように、努力したいです。」

アプリケーションサポート「上村 美咲」のある一日

  1. 09:00
    始業
    メールチェックや一日のスケジュール確認をします。
  2. 09:30
    社内業務
    前日に営業から依頼された商談の補足資料の準備や学習会に参加したりします。学習会はソフトウエアベンダーに来てもらいレクチャーを受けたり、アプリケーションサポート同士での学習会、私たちアプリケーションサポートが営業に商品提案方法の説明をするなど、いくつかのパターンがあります。
  3. 12:00
    昼食
  4. 13:00
    顧客訪問
    お客さまにシステムの提案・設置・操作説明に伺います。
    お客さま訪問は午後だけなら2件。午前もアポイントがあり、終日外出の場合は最大3件程度です。
  5. 17:30
    終業
    週に一度ホットヨガで汗を流しています。仕事から切り替えてリラックスする時間も大切にしています。
エントリー&マイページログイン