職務系統紹介:ネットワークサポート
新しいことに挑戦し自身の変化・成長を実感 下川 雅亮 / 2011年入社

志望理由

常に新しいことに挑戦でき、知識と経験値を増やせることが魅力

大学では経営やマーケティング、会計学などを専攻していた下川。就職活動をする中で、自分がまったく知識を持たない業種に魅力を感じるようになったという。「サポート」を選んだのも、自分にとって大きな挑戦になると理解した上でのことだった。
「ビジネスにおけるITが日々進化していく中で、常に新しいことに挑戦しているキヤノンS&Sに入社すれば、自分も常に新しい情報に触れ、知識や経験値を増やすことができるのではないかと考えました。特にサポートは、常に最新のIT専門知識を持っていることが必要とされます。自分にとっては大きな挑戦ですが、それでも『これまで知らなかったことを知り、不可能だったことを可能にできる』という期待の方が大きかったのです」

仕事内容

お客さまのITインフラ運用に関するサポートを、一貫して対応

下川は現在、ネットワークサポートとして活動。担当地区内で、PCなどの保守サービスをご契約中の数十社を担当し、ITインフラ運用のためのソリューション提案支援、導入作業、アフターサポートを業務としている。
「お客さまのお困りごとに対して具体的な改善方法を検討したり、営業に同行して詳しいご説明をすることもあります。また、受注後はお客さまのプレサポート(導入前支援)として仕様策定のお手伝いから、実際のシステム導入作業、納品後のアフターサポートまで一貫して対応。業務範囲が多岐にわたるため苦労することも多いですが、これも挑戦と考え前向きに取り組んでいます。また、サポート品質を向上させる努力も欠かせません。今は特にお問い合わせが多いセキュリティー関連の知識を増やすため、社内のサポート情報サイトでの情報収集や資格取得の勉強をするなど、日々努力しています」

仕事でのこだわり

お客さまの時間を無駄にしないため、タイムマネジメントを意識

ここまでネットワークサポートとしてのキャリアを重ねてきたことで、自分の働き方の中に「こだわり」が出てきた。「有言実行を心がけ、やると宣言したら必ずやり遂げること」だ。それと同時に、「タイムマネジメントはとても意識しています。」と下川。「スケジュールが遅れてお客さまに迷惑がかかることを避けるためにも、『仕事の8割は事前準備』と考え、より多くのパワーを準備にあてるようにしています。また、作業上の問題を独りで抱え込むと、スケジュールの遅れにつながります。まず自分で調べ、すぐに解決できない場合は先輩や上司に解決法を尋ねるようにしています。以前はとにかく自分の力で解決することが大事だと考えていましたが、仕事は『自分のためではなくお客さまのためのもの』と先輩から教えられました。今では、何よりもお客さまのことを第一に考えて、トラブル解決までの時間を短縮することを心がけています」

ネットワークサポート「下川 雅亮」のある一日

  1. 09:00
    始業・朝会
    出社したら、まず事務作業を済ませます。
    朝会では、お客さまに関する情報を、営業をはじめとする社内のメンバーと共有します。
  2. 09:15
    メールチェック
    お客さまから届いたお問い合わせメールに対応します。また、この時間を利用して、社内のサポート情報サイトをチェックします。
  3. 10:00
    保守点検
    保守サービスにご加入のお客さまに対して、納入システムが順調に稼働しているか、問題が発生していないかなどを、実際に訪問して確認します。
  4. 12:00
    昼休み
  5. 13:00
    納品、商談同行など
    お客さまからご注文いただいたPCやサーバー、セキュリティー関連製品などを、納品、セッティングなどの作業をします。営業に同行してお客さま先を訪問し、ご提案内容の詳細な説明をする日もあります。
  6. 17:00
    翌日準備
    会社に戻ったら、その日にお客さま先で作業した内容をシステムに入力します。翌日のための準備をして早めに帰宅します。
  7. 17:30
    終業
エントリー&マイページログイン