次のリンクから、ページ内の各メニューにジャンプすることができます。

マイナンバー制度対応ソリューション

マイナンバー制度により、すべての民間企業は従業員の給与や健康保険、厚生年金などの手続きのため、本人やその扶養家族のマイナンバーを収集して管理する必要があります。また、マイナンバーを取得、保管、利用、廃棄するプロセスで、特定個人情報保護委員会より定められた「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」(以下、ガイドライン)に準じ、ルールや運用体制の整備、情報漏えい対策や不正使用防止などの安全管理措置が義務づけられています。これに伴い、既存システムの改修やセキュリティの強化などの対策が必要となります。

こんな課題を解決します

  • マイナンバー制度で何から手を付けてよいかわからない。
  • マイナンバー制度の運用に必要な基本方針や取扱規程の策定が終わっていない。
  • マイナンバーの取得・管理方法が決まっていない。

マイナンバー制度に伴う業務と対策

基本方針の策定、取扱規程の策定

ガイドラインに準じて、特定個人情報等の適正な取扱いの確保について組織として取り組むために、基本方針を策定することが重要です。また、業務の流れを整理し、特定個人情報等の具体的な取扱いを定める取扱規程等を策定しなければなりません。
・特定個人情報基本方針、就業規則、採用通知書等

対応ソリューション

OBC マイナンバー制度導入支援キット
PCA マイナンバー取扱規程作成【セルフ】/PCA取扱規程作成【ヘルプ】

マイナンバー制度対応ガイド、規定・業務フローテンプレート

社員教育、研修用動画・資料

取得、保管、廃棄

【取得】
取得 従業員やその扶養家族のマイナンバーを安全に取得する方法を決める必要があります。
取得の際には利用目的の明示と厳格な本人確認(番号確認+身分確認)が必要となります。
・システムを使った収集、郵送、対面確認等

【保管】
保管 取得した個人番号は、紛失、不正利用、情報漏えいのないよう、安全かつ厳重に保管する必要があります。自社内保管・クラウド利用など運用に応じて定める必要があります。
・システムを使った保管、PC保管、キャビネット保管等

【廃棄】
廃棄 従業員の退職等で法律で明記された個人番号利用事務を行う必要がなくなり、所管法令等において定められている保存期間を経過した場合は、できる限り速やかに復元できない手段で削除または廃棄する必要があります。
・システムを使った抽出・破棄、シュレッダー等

対応ソリューション

OBC OMSS+マイナンバー収集・保管サービス※1
PCA マイナンバー収集サービス、PCA給与※2
応研 大臣 マイナンバー収集・保管サービス
※1 OMSS:OBCメンテナンスサポートサービス
※2 保守加入をいただいたお客さまに対し、マイナンバー管理パーツが提供されます。

サービスイメージ

利用、提供

利用、提供 社会保障、税、災害対策の分野で行政機関などに提出する書類にマイナンバーを記載することが必要になります。ガイドラインでは「取扱規程等に基づく運用状況を確認するため、システムログまたは利用実績を記録する」と定められています。
・システムによる制御・監視、利用履歴の記入、ログイン管理等

取扱商品

  • 2つのマイナンバーパック
    マイナンバー制度のガイドラインにおける技術的安全管理措置に記載された対策手法を元にした2種類のセキュリティ対策ソリューションです。

マイナンバー制度関連情報

資料請求・詳細情報・お見積もり
お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お問い合わせは土・日・祝日および年末年始を除く弊社営業日・営業時間内で対応させていただいております。なお、お問い合わせ内容によってはご回答にお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

Page
Top

Canon System and Support