次のリンクから、ページ内の各メニューにジャンプすることができます。

キヤノンシステムアンドサポート株式会社

BCM/BCP(事業継続管理/事業継続計画)

企業には、何らかのリスクによって企業活動に支障が生じた場合でも事業を継続するための仕組み作りが求められています。

概要

BCM/BCP(事業継続管理/事業継続計画)とは

企業活動はさまざまな外的要因によってストップしてしまうことがあります。その復旧が遅れてしまうと製品やサービスが供給できず、結果的に事業を縮小せざるを得なくなることがあります。
不測の事態が発生した場合、経営者が的確な決断を下すためには、事前準備が必要です。

BCM/BCP(事業継続管理/事業継続計画)とは

企業が何らかの事故や災害など緊急事態が生じたときに「業務を中断しない」こと、または「中断した場合でも最低限の時間で業務を回復すること」を事業継続(Business Continuity)と呼びます。
 企業には事業継続ための方針や手続きなどの計画(BCP:Business Continuity Plan)を策定し、円滑に運用すること(BCM:Business Continuity Management)が求められています。

BCPはBCMの一部です。BCMでは計画(BCP)の策定から、導入・運用・見直しなどを行います。

BCM/BCPは単にデータのバックアップをとることではありません。(それはほんの一部です) 災害発生時にも事業が止まらない仕組み作りや万一止まってしまった場合に最短で復旧できる仕組み作りが求められます。 それは社員の安全確保から商流、資金繰り対策(融資)、取引先との関係(サプライチェーン)にまで及びます。

サプライチェーン(食品の例)1社の操業が停止しただけで全体が流れなくなります。 災害時に自社にとって最低限必要な取り組みは何か。

Page
Top