次のリンクから、ページ内の各メニューにジャンプすることができます。

キヤノンシステムアンドサポート株式会社

ITインフラ管理時には、まずは管理台帳を!

四コマ漫画 管理者のこだわり 管理台帳やネットワーク図は日常的に積極活用しましょう。
例えば管理台帳上、不要なアプリケーションソフトがインストールされている場合は、無用なトラブルを避けるため削除する方が無難です。

またOSやアプリケーションの修正プログラムが古いとウイルスに感染してしまうこともありますので確実に更新されていることをチェックしましょう。

PCを管理する

フリーウエアやシェアウエアはPCの動作に影響を及ぼすことがあります。またアプリケーションによってはバックグラウンドで稼働するため、気づかずにPCのパフォーマンスが低下していることがあります。
そのため業務に必要のないソフトウエアはできる限り削除しましょう。
また、Windowsアップデートやソフトウエアの修正プログラムも最新のものに更新されていることを確認します。

PCだけではなく、複合機やプリンターも管理することでプリンタードライバーなどの設定や万一のPCリカバリーなどの場合もスムーズに作業を行うことが可能です。

【障害対応例】

フリーウエアによる動作不良・IPアドレスの競合

管理台帳を元にして予測できる障害は未然に防ぎ、障害発生時にも復旧のためのツールとして利用します。

ネットワーク図をチェックする

ネットワーク図を確認することで、障害時の対応をはじめ、通信速度が遅いなどの原因(ボトルネック)がどこにあるかの予測を立てることができます。

【ネットワーク障害対応例1】

通信エラーが発生した場合の原因を予測し、それに基づいた調査・メンテナンスを行うことで復旧を早めることができます。

ネットワーク図を元に障害原因の予測を立てる。

【ネットワーク障害対応例2】

ハブ同士を接続することをカスケード接続と呼びます。
シェアードハブ(またはリピーターハブ)はカスケード接続できる数に限りがあり、それを超えての接続は保障されていません(10Baseでは4段、100Baseでは2段まで)。スイッチングハブでは理論上の制限はありませんが、あまり重ねると通信が安定しなくなることがあります。
通信が安定しない場合はネットワーク図を利用してどのように接続されているかを確認してみましょう。

カスケード接続

【ネットワーク障害対応例3】

今野

意外な落とし穴がLANケーブルです。
LANケーブルにはさまざまな規格あり、古いものは通信速度が遅いためボトルネックになることがあります。
ケーブルを台帳管理するのは難しい面もありますが、他に異常がない場合はケーブルを疑ってみるのも一つです。

間に合わせで余っているLANケーブルを使うという場合は、カテゴリーをチェックしてください。気づかずにCAT3のケーブルを使用してしまうと「どこもおかしくないのにネットワークが遅い」となってしまいます。
設置以来LANケーブルを替えていない場合は最新のものに交換するだけで全体のパフォーマンスが向上することがあります。特にサーバーに接続されているケーブルには注意しましょう。

■LANケーブルのカテゴリーと通信速度

カテゴリー CAT7 CAT6e CAT6 CAT5 CAT3
通信速度 10Gbps 10Gbps 1Gbps 100Mbps 10Mbps
伝送帯域 600MHz 500MHz 250MHz 100MHz 16MHz

Page
Top