次のリンクから、ページ内の各メニューにジャンプすることができます。

サーバーの仮想化

仮想化とは、一つのサーバー(物理サーバー)をまるで複数のサーバー(仮想マシン)のように利用できる技術のことです。 この技術はサーバー運用において、コストダウンや管理の効率化など多くのメリットをもたらします。

概要

仮想マシンの仕組み

仮想化とは、1台の実際にあるサーバー(これを物理サーバーと呼びます)上で、専用ソフトウエアを利用して複数の仮想的なサーバーを構築する技術のことです。 管理者は最低限のサーバーメンテナンスを行えばよく、ユーザーは普通に複数のサーバーを利用することができます。

仮想マシンの仕組み

仮想化ソフトウエア上で稼働するOSをゲストOSと呼びます。 仮想環境下ではゲストOSがそれぞれが独立したマシンとして機能します。 仮想化ソフトウエアにはVMware(ヴイエムウェア(株))、Xen(シトリックス・システムズ・ジャパン(株))、Hyper-V(日本マイクロソフト(株))などがあります。 仮想マシンはそれぞれが独立して稼働するため、いずれかがクラッシュしても他に影響を及ぼすことはありません。

通常のサーバー 仮想マシン

経費削減に大きく寄与する仮想マシン

サーバー仮想化の最大のメリットは経費削減と効率化です。 多くのサーバーはハードウエアの本来の性能に余力を残している状態で稼働しています。
仮想化では複数のサーバーを一つにまとめることで、ハードウエアの持つ本来の性能を効率よく活用することができます。
また物理的なサーバー台数を減らすことで、サーバーにかかる経費や電気代、スペースなどを削減することも可能です。

経費削減に大きく寄与する仮想マシン

Page
Top

Canon System and Support