キヤノンシステムアンドサポート株式会社

DRサイトの構築・保守・監視を提供
低価格で利用できる中小企業向け“沖縄DRパック

2014年4月17日
キヤノンシステムアンドサポート株式会社

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンシステムアンドサポート株式会社(代表取締役社長:神野明彦、以下キヤノンS&S)およびクオリサイトテクノロジーズ株式会社(代表取締役社長:小森彦太郎、以下クオリサイトテクノロジーズ)は、クオリサイトテクノロジーズが運営する沖縄のデータセンターにDR(ディザスタリカバリ)サイトを構築し保守・監視を提供する、中小企業向け低価格サービス「沖縄DRパック」の販売を2014年4月17日より開始します。

2011年の東日本大震災以降、国内の大手企業では、本社や拠点にあるシステムやデータを最新の設備を備えたデータセンターに移設したり、遠隔地でバックアップを取るなどの方法でデータの分散化が進んでいます。中小企業においても、BCP(事業継続計画)対策の一環としてDR(ディザスタリカバリ)サイトの構築が検討されていますが、遠隔地に構築、運用するコストの問題や増加するデータ容量への対応など共通の課題を抱えています。 こうした中小企業の課題を解決するため、キヤノンS&Sはこのたび、震災リスクの低い沖縄のデータセンターにDRサイトの構築、監視・保守サポートを低価格で提供する“沖縄DRパック”の販売を開始します。本サービスは、中小企業に多いNAS(ネットワーク接続ストレージ)を利用した「NASパック」とWindows Server用に「ファイルサーバーパック」を用意しています。また、クオリサイトテクノロジーズは、沖縄データセンターのNASやVPNなどのハードウエア、システムの監視・保守をキヤノンS&Sのサポートセンターと連携して行います。

■NASパック
お客さまのNASのデータをデータセンター側にレプリケーションして、災害対策として利用するサービスです。本サービスでは、株式会社アイ・オー・データ機器(以下I-O DATA)のNAS「HDL-XRWシリーズ」5機種の中から、お客さまのデータ容量に合わせて最適な機種を選択でき、I-O DATA社のNAS管理クラウドサービス「NurSuS」を利用した監視サービスを受けることができます。お客さま側とデータセンターとはVPN装置を配置して接続します。

■ファイルサーバーパック
お客さまのファイルサーバー(Windows Server)のデータをデータセンター側にレプリケーションして災害対策として利用するサービスです。本サービスは、I-O DATA のNAS「HDL-Z4WMC2シリーズ」4機種の中からお客さまのデータ容量に合わせて最適な機種を選択できます。NASパックと同様に、監視サービスを受けることができます。また、お客さま側とデータセンターとはVPN装置を配置して接続します。

■サポート体制について
お客さまと沖縄データセンター間は、フォーティネット社の「FortiGateシリーズ」でVPN接続しセキュアな環境を実現します。キヤノンS&Sでは、この「FortiGateシリーズ」の取り扱い開始から累計2万7000台を超える豊富な販売実績を持っており、これまで多くのシステム設計構築を行っています。

サービス名(商品構成)価格(税別)販売計画
NASパック(データセンター利用料金、運用・保守料金)最大8TB月額4万7500円60セット/年
ファイルサーバーパック(データセンター利用料金、運用・保守料金)最大12TB月額5万8500円

※上記以外に、NAS本体、VPN装置および初期・構築費用が別途必要です。


■サービス概要図
沖縄DRパックシステムイメージ図
サービス内容・価格

■保守体制概要図
沖縄DRパックシステムイメージ図

<商品紹介ページ>
沖縄DRパック




■本件についての問い合わせ先
キヤノンシステムアンドサポート株式会社
ITソリューション企画部 TEL:03-5479-7874

このページの先頭へ